新車購入の方程式。完璧に安く購入する理論

故障車、不動車、事故車の使い道

乗れなくなった車、買い取ってもらえない車。
あなたならどう処分しますか?
大抵の人はこう答えます。
「業者に処分してもらう。」

 

もちろん売れないんですから、処分してもらうのが妥当だろう。
という考えでしょうね。
しかし、
事故車、不動車、故障車でもお金に換える道はあるんです。
そのことについてお話しましょう。

 

まず1つ目は、解体屋にもっていくということ。
解体屋なら鉄が利益になりますので、買い取ってくれるケースが多いです。
価格としては普通車1台1万円〜2万円程度ですね。

 

あまり大した額ではありませんが、お金を払って処分をするより全然ましです。
車の処分に困っている方、利用してみるようにしましょう。

 

もう1つの方法

 

もう1つの方法は、ちょっと難易度が高いです。
それはパーツをオークションで売却することです。
これは少々車の知識と工具が必要ですね。

 

なにせ車のパーツをばらばらにして売却するのですから、
素人ではちょっと難易度が高いです。

 

しかし、これは一番利益率の高い方法ですね。
上手くオークションで売りさばくと、簡単なパーツだけでも合計10万円
程度になったりもします。

 

そして、あまった部分は解体屋に持ち込んでお金に換えてもらう。

 

以上が処分するような車をお金に換える道です。
ちょっと2つ目は難易度が高いですが、車や部品を置いておくスペースや、
分解するような時間がある方は挑戦してみるといいでしょう。

 

意外に売れるので面白いですよ。
今回は以上でした。

車の買い替えの目安ってどれくらいなのか、気になる方多いと思います。
しかし、車の買い替えの目安というのは、実際にはあってないようなものです。
あえて言うと、所有者がどうしたいかによって、買い替えの目安が異なってくると言えます。

 

例えば、車を上手く運用したい、つまり高値で売れる時に売ってまた新車を購入して、という買い方をしたいのであれば、買い替えの目安は5年くらいでしょう。
5年落ちの車は高値で買い取ってもらえる可能性が高いため、次の車の資金としても良いのではないでしょうか。

 

次に安全に乗りたい、という方は10年もしくは10万キロが1つの目安となります。
今の車はエンジントラブルは少ないですが、やはり10万キロを超えてくると、いろいろと故障が出てきます。
故障が多くなると、安全性がなくなってきますし、心配が増えますよね。
そういった状況が嫌な方は、10年で買い替えると良いでしょう。
10万キロ以上の車の買い替えは下記サイトから
>>埼玉 車買取査定

 

そして、出来るだけ長く乗りたい、乗りつぶしたいというのであれば、今の車であれば20年が目安ではないでしょうか。
大体10年でベルトを交換しますので、そこからもう10年乗って、そこで乗り替えると、よく乗ったということになりますね。

ユーザー車検は特別難しいものでもないですし、専門的な知識も必要ありません。
初心者でも気軽できるくらい座位は高くないんですね。

 

だからこそ、気をつけておきたいこともあります。

 

車検制度は法改正によって、以前よりも簡単なものとなりました。
海外は車検制度がない国も多いですので、
日本はこれまで厳格な縛りが強かったのでしょうね。

 

しかし、それに伴い、とくになにもしなくても車検に通ってしまう、
というようにもなりました。
これでは車検という名の税金を徴収するだけの制度ですね。

 

そして、特別メンテナンスをしなくても通ってしまう車検により、
車に知識のない一般人が車検を自分で受けるユーザー車検を選択する人が
増えてきました。

 

気をつけておくべきこと

 

しかし、気をつけておきたいことがあります。
それはメンテナンスです。
現在の車検では特別メンテナンスをしなくても車検は通ります。
それによって車の状態もどんどん悪くなっていくでしょう。
だってメンテナンスをしていないのですから。

 

日本の車社会はこれまで、2年に車のメンテナンスをしっかり行うという義務によって、
整備不良での事故、というのがほとんど皆無でしたね。
しかし、現在の車検制度では、これから整備不良での事故が増えてくることが予想されます。

 

事故は自分1人で終われば自己責任で済むのですが、必ず他人を巻き込むことになります。
それが、車検制度がゆるくなりメンテナンスもろくにしない車が道路を走ることによって、
頻発する可能性があるということです。

 

他人をどこまで考えられるか。
それが今後重要になってくると思いますね。
ユーザー車検はいいのですが、きっちり定期交換部品だけでも交換しておくこと。
それが大事ですね。

車検が切れた車の売却あなたならどうしますか?
選択肢としては3つあります。

 

第一位処分する

 

第一位そのまま売却する

 

第一位車検を取り直して売却する

 

この3つの中でどれが正しいのでしょうか。
順を追ってみていきましょう。

 

処分する

 

まず処分する。
これは話になりませんね。
もし処分してしまうのなら「車の価値=車検の残り期間」ということになってしまいます。

 

だったら車体代金なんてものは発生しないわけなので、
車検が切れているからと言って処分してしまうのは絶対にダメです。
普通に買い取ってくれます。

 

そのまま売却

 

次にそのまま売却する
これが一番正しい方法ですね。
その理由としては、車検の残り期間は、査定の減点対象とならないことが挙げられます。

 

確かに長い期間の車検が残って入れば、その分査定額がアップすることもありますが、
かと言って、車検がないから査定額が減額するかと言ったらそうでもありません。

 

業者の定める買取相場というのは、車検がついていない状況での車体の価格ですので、
初めから業者は車検の有無なんて考慮していないのです。

 

車検を取る

 

そして最後に車検を取り直して売却する。
これはもやってはいけませんね。

 

第一、車検があれば査定額がアップするからと言って、車検にかかった費用分、
査定額がアップするとは限りませんし、そういうケースはほとんどないでしょう。

 

上でも言ったように、車検はそもそもおまけ程度でしかありません。
車検代金分を回収できて、さらに上乗せしてくれる。
なんて思わないようにしましょう。

 

車が高く売れたら乗り換えよう!